top of page

【終了しました】【開催案内 2/27,3/1】言語造形ワークショップin おひさまの丘 宮城シュタイナー学園

更新日:2月3日

昨年大好評!諏訪耕志先生の言語造形ワークショップを今年も行います。

語ることで、わたしたちの体が開かれていく素晴らしい体験です。


諏訪先生からのメッセージです。

~~~~~~~~~~~~

このたび2023年2月27日(月)と3月1日(水)、いずれも午後3時半から5時半までの時間に、我が国の語り物の真髄ともいえる『平家物語』の「那須与一の段」に取り組んでみます。


まさに肉体の文学ともいえる『平家物語』。


活き活きとした語り口に潜んだダイナミズムに触れる時、わたしたちはことばに目覚め、自らの呼吸に目覚め、自分自身に目覚めるのです。


そして、この物語を通して、シュタイナーが示唆した、ことばに潜んでいる「6つの身振り」を学んでみます。


この6つの身振りは、人が話すことばには、必ず、この6つの身振りのどれかが裏打ちされているのです。


琵琶法師の時代からわたしたちの時代に至って、人はいよいよ自分自身の足で立つことを促がされています。


『平家物語』という叙事の芸術は、ひとりひとりが健やかに自らの足で立つことを求めています。


アントロポゾフィーから汲まれたことばの芸術、言語造形。


その目指すところは、人の働きのまるまるをもって、ことばを話し、語り、詠っていくことです。


そして、人の成長、人のひとり立ちをどこまでも促そうとするものです。


ぜひ、この機会に、言語造形を通して、日本の古典文学に体当たりしてみませんか。

お待ちしております!

言語造形講師  諏訪耕志

~~~~~~~~~~~~


●日時

第一回目

2023年2月27日(月)15時半~17時半

第二回目

2023年3月 1日(水)15時半~17時半

●場所

おひさまの丘 宮城シュタイナー学園

 (仙台市青葉区中山2-22-18)

●参加費

一回 3500円

二回連続 6000円

●お申し込み

電話:022-725-5086

お申し込み下さった方に、『平家物語 那須与一の段』のテキストをメールにてお送りします。

*動きやすい服装でいらしてください。



閲覧数:56回0件のコメント
bottom of page