top of page

【終了しました】【延期】【開催案内7月7日(金)】ケトルクラスのお知らせ

更新日:2月3日

※5月26日に予定しておりましたケトルクラスについて、諸事情により7月7日(金)に延期させていただきました。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


丘の上にある学園は、こどもは大人に向かって歩いていき、大人はこどもの心に帰れるような、不思議なところ………

夜になったらケトルを沸かして、小さな魔法の飲みものをつくっています。ケトルの温かさで柔らかくなったら、授業の終わったあと、世界の風景がちょっと変わって見えるかもしれません。

ケトルクラスは大人のための夜間クラスです。こどもたちが日々受けている授業、みなさんも受けてみませんか?


~~~今回は植物学です~~~

たんぽぽの綿毛が、風にのって飛んでいく。ねえ、風のつかまえ方、誰から教わったの? もし、風から教わったのなら、空には知恵が吹きわたっている。

綿毛は白くまるくすること、これは誰のことをまねしたの? もし、お月さまをまねしたというのなら、空には知恵が輝ている。そして君は星から学んだ。

たんぽぽの花の黄色いのも、小さなお日さまのようだね。つぼみは祈る手のように、花を咲かせたいと望む。そうして、太陽からたくさんの温かさをもらって、光のなかで、花を開かせていく。

自然に教わりながら、緑の道をとおって、植物たちは大きくなっていく。こどもたちが先生に学びながら、学校にかよって、ひとつひとつ成長していくように。

だから、緑たちの歩みと、育ちゆくこどもたちの歩みは、ひとつだ。

大地のすぐそばに生きるきのこたちは、お母さんとずっと一緒にいる赤ちゃんのよう。ゆれる海藻たちは、まわりの支えがあれば立ち上がることのできる幼い子かな? 希望のように咲く花は誰だろう、地上に生きようと咲く花は誰?

命をもって、それが育まれていく。それは植物も、人間も同じ。

世界に開かれた秘密を見つめるとき、きっと私は知るだろう。道のほとりに生きる植物たちと、わたしたち人間とが共に生き、かけがえのない命の糸によって、たしかに結ばれているということを。


*日時:7月7日(金) 16:00〜18:00 その後、保護者有志によるおひさまテーブルで夕食を召し上がっていただけます。(お一人800円+ドネーションをお願いします。お子さんのおひさまテーブル参加費はドネーションでお願いします。) *場所:おひさまの丘宮城シュタイナー学園一の校舎(仙台市青葉区中山2-22-18) *参加費:2,000円  *持ちもの:スケッチブックと色鉛筆をご持参ください。 今回、お母さんお父さんと離れて過ごせる3歳以上のお子さん5名をお預かりいたします。お申込みの際にお知らせください。(先着順とさせていただきます)

<お問合せ・お申込み> 6月30日(金)までにお申込みください。 おひさまの丘宮城シュタイナー学園 TEL:022-725-5086 Eメール:info@ohisamanooka-steiner.or.jp





閲覧数:125回0件のコメント

Comentarios


bottom of page