ともに育つ学校
おひさまの丘宮城シュタイナー学園は、こどもたちのすこやかな成長を願う保護者、教職員と支援者によって運営されています。

 

校長や特定の経営者がいるわけではなく、学園の運営に関わるあらゆることを全員で分担し、協力して行っています。大人たちがこどもを真ん中に手を取り合い、活発に意見を交わし、つくり上げています。

保護者の多くはそれぞれの得意分野を生かしてなんらかの活動に関わっています。例えば、学園のことを学外の方々に知っていただくために会報やチラシを作る人、校舎の環境整備をする人などがいます。

互いを尊重し、ともに学ぶ姿大人たちの姿がここにあります。